大好評!星空ツアー

 

特別ツアー「満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション」

特別ツアー「満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション」
 
「満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション」ツアーを開催しました
 SAKU BLOOM 実行委員会は、1月12日(土)~13日(日)に、SAKU BLOOM イルミネーションのコンセプトでもある「佐久の美しい星空」を堪能するツアーを、県内外から60名近い「宙ガール」「ファミリー」にご参加いただき開催いたしました。
 
 当日の天気は「快晴!」。絶好のコンディションで佐久をお楽しみいただきました。
 ツアーは午後1時30分に「JR佐久平駅 蓼科口」に集合し、大型バス2台で佐久市内を周遊します。
今回の目的は、「イルミネーション」や「星空」の他にも、佐久がかねてから有する魅力ある観光資源を知ってもらうことです。
 どうぞ、このページで佐久の素晴らしさを知ってい頂ければ幸いです。
 
佐久の星空を「プラネタリウム」で堪能!【佐久市子ども未来館】

 ツアーで初めに訪れたのが、佐久平駅から車で5分に位置する「佐久市子ども未来館」です。

子ども未来館では、県下最大級のプラネタリウムに「今夜の佐久の星空」を投影し、探しやすい冬の星座や木星についてお話を聞きました。

 また、投影の後半には全国のプラネタリウムで観客動員数100万人を突破した名作「銀河鉄道の夜」を特別上映!

 参加者からは「夜の観望会に向けて事前学習ができて良かった!テンションが上がった!」というお声をいただきました。

 「佐久市子ども未来館」は「未来への創造」~進化する宇宙・地球・生命~をテーマとした体験型施設です。雨が降ろうが、槍が降ろうがプラネタリウムで佐久の星空を観望できる魅力的な施設。

佐久にお越しの際はぜひお立ち寄りくださいね。 http://kodomomiraikan.jp/

 
佐久は「日本3大ケーキの街」【stルミエールアンジュ】

 続いて訪れたのが「stルミエールアンジュ」。SAKU BLOOM イルミネーションにもご協賛いただき、「佐久グランドホテル」と併せて佐久市を代表する結婚式場です。

 ここで一行を待ち受けていたのは、なんと「信州佐久ケーキ職人の会」に加盟する8店舗の限定ケーキ。(この日だけのために各店舗がバイキング用のケーキを作ってくれました!)

 ケーキ職人の会の中村元計会長(ケーキブティック「ピータース」)より、佐久のケーキがなぜ美味しいか?お話を聞きます。

 みなさん、なぜだと思います?

 それは、佐久市の気候がスイーツの本場「フランス」によく似ており、新鮮で美味しいフルーツが採れることなど、ケーキ作りに適した環境だからなんです。

 こんなことから、佐久市は「神戸」「自由が丘」と並び、「日本3大ケーキの街」と呼ばれているんですね!

 
ケーキバイキングで大満足!【信州佐久ケーキ職人の会】

 「信州佐久ケーキ職人の会」の全面協力により実現した今回の「ケーキバイキング」。

 各店舗ごとに趣向を凝らした、かわいい小さいサイズの8種類のケーキを堪能いただきました。

佐久のケーキが他のケーキと違うのは、地元のフルーツなどを使用することが多いこと。この日も地元で採れる「はしばみ」と呼ばれるヘーゼルナッツの仲間を使ったケーキなどが大好評でした。
 女の子たちからは「素敵な空間で、かわいいケーキをたくさん食べられて本当に幸せ!」とお褒めの言葉をいただきました。
 そして、バイキングも中盤にさしかかった頃、「あれ?」という声が、会場から聞こえ始めました。
なんと、ケーキの中から「陶器でできた小さいケーキ」が出てきたのです。
 実はこれ、サプライズイベントのひとつ。stルミエールアンジュのスタッフさんにお願いして、3個のケーキだけに小さい陶器(フェーブ)を仕込んでおいたのです。
これはヨーロッパに伝わるゲームで、フェーブが入っていた参加者には、佐久の素敵な特産品がおくられました!
 「信州佐久ケーキ職人の会」の加盟店舗ではいつでも美味しいケーキをお店で食べることができます。
参加者の皆様も「佐久に来たら必ずケーキを食べて帰ります」と大満足でした。
佐久の美味しいケーキはこちらから→ http://www.sakucci.or.jp/home/index.html
 
バルーンのまち「佐久市」を体感!【佐久熱気球クラブ】

 美味しいケーキを堪能し、次に向かったのはいよいよ「SAKU BLOOM イルミネーション」の会場である「ミレニアムパーク」です。

 バスを駐車場に停めて歩き始めると、駐車場でなにやら大きな布を広げている人たちがいますよ。

「すみませーん、何やっているんですか?」と声をかけると、実は「佐久熱気球クラブ」のみなさんで、熱気球を広げていたんですね。

 そうです。信州佐久は「バルーンのまち」。毎年5月連休には佐久の一大イベント「佐久バルーンフェスティバル」が開催され、40機ちかい熱気球が佐久の青空に浮かび上がります。

 この日は、12月にお披露目になった「たけしバルーン」でのフライト準備をしていらっしゃいました。

 ツアーのためにお時間をいただき、「熱気球教室」を開催してくださいました。熱気球の大きさや、飛行の原理などを丁寧に教えてくれます。

 そして、参加者全員に熱気球のバーナーを焚かせてくれる大サービス。イルミネーションを見る前に思わぬ体験ができました!

 
イルミネーションの夜空に幻想的な熱気球が浮かびました【たけしバルーン】

 熱気球のバーナー体験をした皆さんが、イルミネーション会場に歩き始めると、いよいよ熱気球が立ち上がり始めました。

 この日の熱気球は、あのビートたけしさんに製作協力いただいた「たけしバルーン」。SAKU BLOOMイルミネーションの点灯式(12月1日)にお披露目されたバルーンが、美しく佐久の夜空を彩りました。

 強風のため、残念ながら空に浮かぶことはできませんでしたが、イルミネーション会場から巨大な熱気球を見ることができ、「イルミネーション」と「バルーン」という佐久が誇る2つの要素が初めてコラボレーションした瞬間でした。

 今年の「佐久バルーンフェスティバル」は、第21回大会として5月3日(金)~5月5日(日)まで、佐久市の千曲川スポーツ交流広場で開催されます。特に5日(日)は「佐久鯉まつり」も同時開催されますので、大空に浮かぶ熱気球と佐久の特産品「佐久鯉」をお楽しみに~。

http://www.saku-balloon.jp/

 
感動のイルミネーション点灯式!【SAKU BLOOM イルミネーション】

 いよいよツアーの大きな目玉である「SAKU BLOOM イルミネーション」会場に到着。

普段は午後4時30分に点灯されるイルミネーションが、この日は午後5時を過ぎても点灯していません。故障でしょうか・・・。

 ミレニアムパークのステージ上に案内される参加者のみなさん。

なんと、実はツアー参加者がイルミネーションを点灯する「スペシャル点灯式」が準備されていたのです。先ほどのケーキバイキングで「フェーブ」の当選者が代表でスイッチを押します。

参加者と会場内のお客様により「5・4・3・2・1・点灯~」のカウントダウンがされ、暗かったミレニアムパークに、佐久の美しい星空をデザインした20万球のイルミネーションが一斉に点灯されました。

 参加者からは「うわ~!!!!!」の声。

早速、SAKU BLOOM オリジナルグッズのひとつ「クーポン付ホログラムメガネ」。イルミネーションの光が5種類の形に変化するSpecialアイテムをお互いに交換し合いながら、澄み切った夜空に輝くイルミネーションを眺めていました。

 特に好評だったのが、今回のSAKU BLOOM イルミネーションにご協賛いただいた企業による「12星座のハロゲンスポット」。「自分の星座を探したい」と会場内を楽しんで散策されたそうです。

 
星空のイルミネーション【SAKU BLOOM イルミネーション】

 今回、参加者の皆様から、「ストーリーが感じられるイルミネーションだった」「神秘的な感じだった」などの感想をいただきました。

 また、変化のあるイルミネーションも好評であり、特に街路樹のイルミネーションが変化することで会場の雰囲気が一変するという声もありました。

 来年以降については、やはり「電飾数が増えた方が良い」「青と白以外の色があってもよい」など貴重なご意見をいただきました。

 SAKU BLOOM イルミネーションでは会場を訪れていただいた皆様に、多くのご意見をいただき、来年以降のイルミネーションデザインの参考にさせていただければと存じます。

ぜひ、ホームページ等にご意見をお寄せください。

 
満天の星空観望会!【望月馬事公苑】

 SAKU BLOOM イルミネーション会場を後にしたツアー一行は、佐久のイルミネーションのパイオニア「樫山工業イルミネーション」を見学して、山の山の山奥まで向かいます。

 先ほどまでのイルミネーションの幻想的な世界から、真っ暗な闇夜の山へ・・・。

佐久平駅からバスを小一時間ほど走らせ、到着したのが佐久市が誇る温泉「信州春日温泉 もちづき荘」です。このもちづき荘に隣接する「望月馬事公苑」が今夜の星空観望会の会場なのです。

 時刻は午後6時30分。

違います。星の見えかたが違います。参加者からは「素敵すぎる・・・」と感嘆の声。

 そして、この観望会を更に素敵にしていただいたのが、日本が誇る望遠鏡メーカー「株式会社ビクセン」のスタッフ。そして国立天文台での勤務経験もある佐久市役所の職員。

この星空観望のスタッフさんたちが、子ども未来館のプラネタリウムで見た星空と同じ星空を丁寧に説明してくださいます。

 参加者のみなさまに協力いただいたアンケートからは「観望会のスタッフが本当に丁寧で素晴らしかった」と感謝の声が聞かれました。

 しかし、みなさん、写真を見てください。オリオン座の星々が半端なく輝いていませんか?

佐久市の星空が綺麗に見えるのは、標高が高いこと、空気が澄んでいること、10万都市の割には都市光の影響が少ないことが挙げられます。

 星が美しく見える街「佐久」はオールシーズン皆様をお待ちしております。

 
星空を数倍楽しむアイテム!【株式会社ビクセン】

 SAKU BLOOM イルミネーション開催期間中には、イルミネーション会場でも星空の観望会が開催されました。12月22日に開催されたSAKU BLOOM 初代親善大使「篠原ともえさん」のスペシャルライブでも、会場内に望遠鏡が設置され、多くの皆様が「木星」や「月のクレーター」を見て感動されました。

 今回のツアーでも大きな望遠鏡が3台も設置され、「オリオン大星雲」などを観察しました。

これらの望遠鏡を手配してくださったのが「株式会社ビクセン」さんです。

望遠鏡の他にも、「ソラリラ」という寝転がって星空を観望できる「星空観察ベッド」やオシャレな双眼鏡も体験することができました。

 特に、この寝転がって星空観察ができる「ソラリラ」。首が疲れずに360℃大パノラマの星空を見ることができ、参加者には大好評でした。

 馬事公苑のクラブハウスには、アウトドアメーカー「ユニフレーム」さんより提供いただいた「ランタン」に光を灯し、幻想的でおしゃれな空間で、ホットワインを飲みながら星空観察を楽しむことができ、オシャレで上級な星空観望会となりました

ビクセンのホームページはこちらから→ http://www.vixen.co.jp/index.html

 
絶品!佐久の美味を堪能する【信州春日温泉 もちづき荘】

 満天の星空を堪能したツアー一行が宿泊するのは「信州春日温泉 もちづき荘」。

 今回の夕飯はもちづき荘がツアーのために試作された「佐久の美味」がたっくさんつまったスペシャルディナーです。

 佐久の特産品といえば「佐久鯉」をイメージされる方も多いはず。当然、佐久鯉も「あらい」としてメニューにあります。しかし、今回のメニューには「佐久鯉」を凌駕する様々な佐久の逸品が用意されていました。

 すこしご紹介させていただくと、蓼科山系で美味しい水と空気、そして牧草を食べて育ったブランド牛「蓼科牛」、佐久の厳寒な気候で丁寧に手作りされ、旨味が凝縮した「凍み豆腐」、佐久市浅科の粘土質大地で生産され、その希少価値から幻の米ともいわれる「五郎兵衛米」。この他にも信州サーモンや、岩魚の塩焼き、など佐久の名品をこれでもかと揃えた超豪華メニュー。

 佐久の美味しい地酒と共にいただき、参加者からも大好評の夕飯でした。

 
名湯「美肌の湯」でツルツルに!【信州春日温泉 もちづき荘】

 今回のツアーで、参加いただいた皆様から特に好評だったのが「もちづき荘」の温泉ですっ!

 宿は決してお世辞にも、新しいともオシャレとも言えません、が・・・

本当に多くの皆様がこの温泉の「泉質」を絶賛されました。なぜなら、もちづき荘の温泉は開湯300年「源泉かけ流し」「高アルカリ泉質」でお肌がツルツルになる「美肌の湯」なのです。

 昨年は温泉が大好きな女優の西村知美さんも「もちづき荘」を訪れ、その泉質を「高級な美容液に浸かっているよう」とお褒め頂きました!

 イルミネーションや、星空観察で冷えた体をぜひ、この「もちづき荘」の温泉で温めてくださいネ。

 

もちづき荘のホームページはこちら→ http://www.shinkou-saku.or.jp/mochizuki/hotspa.html

 
佐久市が誇る「公開天文台」【うすだスタードーム】

 ツアーの最終目的地は、佐久市が誇る公開天文台「うすだスタードーム」です。

臼田地区は「日本一の大きさを誇るパラボラアンテナ」で有名な、JAXA「臼田宇宙空間観測所」も建設されているほど「星空観察に適した地」なのです。

 公開天文台は日本各地に数多くありますが、佐久平駅から車で30分ちょいの場所にある「うすだスタードーム」の自慢は、そんな「星空観察に適した地」で「いつでも気軽に訪れることができる公開天文台」であることなのです。

基本的に月曜、火曜日と祝祭日の翌日を休館としておりますが、これ以外の日は夜10時まで60㎝反射望遠鏡で美しい大宇宙を観察することができます。

 今回のツアーでは昼間にこの施設を訪れました。なぜ昼間なのか?

それはなぜなら、この施設、「昼間でも恒星を観測できる施設」だからなのです!

昼間に金星を見るという、ありえない観察会に参加者も驚きを隠せません。 しかし、これだけの素晴らしい施設、参加者の多くが「必ずまた夜訪れたい!」とおっしゃっていました。佐久の夜を楽しむのには決して外すことのできない施設ですね

 
「話しがおもしろすぎる天文台」【うすだスタードーム】

 「うすだスタードーム」は昼間訪れたこともあり、恒星観察の他に、スライドを使った星空教室が開催されました。

 映し出される宇宙空間は全てうすだスタードームで撮影された星空なんだそうです。みんなが良く知っている「星座の神話」から「宇宙の果て」のお話まで、スタードームの職員のお話にどんどん引き込まれていきます。参加者からも「うすだスタードーム」についてその装備もさることながら、「職員のお話が面白かった!」という声を本当に多くいただきました。

 こんなに楽しくも宇宙のロマンを感じる話を聞きながら、実際の星空を眺めるなんてなんて素敵でしょう。関東方面からもリピーターとして訪れるお客様も多いようですが、平日には施設を独り占めできる場合もあるそうですよ。贅沢な星空観察ができるスポットです。

「うすだスタードーム」のホームページはこちらから→ http://www.city.saku.nagano.jp/star-dome/index.htm

 
皆様もぜひ佐久にお越しください!

 皆様、今回のSAKU BLOOM イルミネーション モニターツアー「満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション」。いかがだったでしょうか?

 ツアーに参加された多くの皆様から、佐久のイメージについて「何もない街」から「星を見るのに一番素敵な街」に変わった。と感想をいただきました。

 SAKU BLOOM 実行委員会では、イルミネーションとともに、その原点でもある「佐久の美しい星空」を自信をもってお贈りいたします。

 今回はツアーという形でお届けいたしましたが、今回訪れた場所は自家用車は勿論、新幹線やJR小海線、タクシーを利用して行ける場所ばかりです。

 また、佐久にはイルミネーションが美しい冬ばかりでなく、四季折々で楽しめる素材がたくさんあります。
 今回のツアーもバスの最終到着地は「軽井沢駅」。やはり、軽井沢で買い物を楽しまれる参加者も多くいらっしゃいました。
 たとえば、軽井沢に遊びにいらっしゃった場合、佐久でこうした1日を過ごしてみてはいかがでしょう?
 きっとその旅行で一番素敵な想い出は佐久でつくることができると思います。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
佐久市観光協会のホームページはこちらから→ http://www.city.saku.nagano.jp/kankou-k/
 

満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション

満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション
 
新月の夜に満天の星空をみよう
 SAKU BLOOM 実行委員会では、「SAKU BLOOM イルミネーション」に係る新たな観光プランとして、「佐久の美しい星空」をテーマに、佐久を訪れて、喜ばれ、感動いただくため、初の着地型観光プラン「SAKU BLOOM×宙(ソラ)ガール」を企画し、「星空」と「イルミネーション」という重要な2つのキーワードを、初めて「信州佐久」でつなぎます。
 日本が誇る望遠鏡メーカー「株式会社ビクセン」の協力のもと、株式会社JTB中部 上田支店が企画・実施するスペシャルツアー!
 モニターツアーとしての実施のため、今回だけの破格のお値段となります。
 旅行の詳細、申込方法は添付のチラシをご覧いただき、お早目にお申込みください。
 

満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション

満天の星と佐久スイーツ&イルミネーション
イ​ル​ミ​ネ​ー​シ​ョ​ン​会​場​
 
SAKU BLOOM
実行委員会事務局
 
〒385-0051
長野県佐久市中込2976-4
(公社)佐久青年会議所内
TEL.0267-62-2656
FAX.0267-62-2735
───────────────
団体企画のイベント発信
───────────────
045325
<<SAKU BLOOM実行委員会事務局>> 〒385-0051 長野県佐久市中込2976-4(公社)佐久青年会議所内 TEL:0267-62-2656 FAX:0267-62-2735